アーティストビザ アーティストビザ
グリーンカード
アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ

アーティストビザ 弁護士

2017年9月25日

9月アップデート

9月になりだんだん秋らしい季節になってまいりました。さて本日は多くの方がビザと許可書の違いについ混乱している方がたくさんいらっしゃいます。O-1、H-1B、L-1 など、ビザのタイプのパスポートに押されるスタンプまたはラベルのことになります。このラベルやスタンプ(ビザ)は米国に入国・出国を合法的に許可する印になります。許可書(Approval Notice)は特別なビザの種別ごとに発行されますが、ビザ本体ではありません。この許可書は最新のI-94 に記載され、申請者(Beneficiary)が米国を離れなくても良いという許可が下りるか(ステータスが変わるか、滞在の延長をした場合)または、ビザの許可が下りたが申請者がいったん米国を離れて出身国の米国大使館でビザのスタンプを貰うという通知になります。添付した画像はO-1 ビザのコピーと米国でのステータスの変更を認められた新しいI-94に付随してO-1ビザの許可書になります。

特別な出身国では他のタイプの混乱がおこります。 例えば中国の場合、許可書には3年間の期間で許可が下りているにも関わらず、ビザには3ヶ月の期間で発行され、1回のみしか米国に再入国できないというケースがあります。これは1回米国に入国した後、そのビザの保有者は新しいビザを毎回米国から出国するたびに申請しなければなりません。ビザの有効期限と合法的な米国への入国回数は、米国と他国の間で結ばれた相互合意に基づいています。
先月3年間のO-1 ビザを新しく習得された方の中には、Parsons School of DesignからデザインのBFAを受け取った韓国人デザイナーのHuira Koo様がいらっしゃいます。Koo さんはF-1ビザからO-1ビザへとステータスを変更しました。彼女のケースはスタンダードプロセスを使ったにも関わらず、移民局が8月17日に彼女のケースを受け取りそして、8月25日は許可が下りました。
多数の有名なコンテストで多数の受賞履歴があるカナダの水彩画家のWilliam Rogers様も3年間のO-1ビザを 受け取りました。彼のケースは手8月14日に移民局が受け取り、8月に22日には許可が下りました。このケースもスタンダードプロセスを使用したケースになります。

ニューヨークのサロン、Gardenでリードヘアースタイリストとしてご活躍されている中丸様も2週間で3年間のO-1 更新の許可が下りました。韓国のグラフィックデザイナーのGowoon Park様もH-1BからO-1 ビザへのステータス変更に成功なされました。(彼女のケースはAsianSociety OfArtsを通してのエージェントケースでした。)Gowoon様のケースは8月21日に移民局によって受け取られ、8月29日にはスタンダードプロセスによって許可が下りました。 韓国人建築家のYea Hwa Kim様も3年間のO-1 ビザの更新に成功しました。


2017年8月12日

8月アップデート

ジェーン・オーゲル法律事務所から申請されたO-1 ビザの方々達はバーモントにある移民局で2週間程度で許可が下りています。私たちは日本のブランドエージェンシーのビジュアル・プロデューサーBirdman様のO-1 ビザ取得をお手伝い出来たことを大変誇らしく思います。Birdman様は最近、ニューヨークでオフィスをオープン致しました。また、最近の3年間のO-1ビザ更新者の中には有名な穂口雄介様もいらっしゃいます。また、映像編集者の柴田祐介様、そして近代バレーダンサーの金子綾様もいらっしゃいます。

そして、新しく3年間のO-1 ビザを取得された方々の中にはグラフィック・デザイナーの三井洋介様、そしてヘアースタイリストの田中新平様がいらっしゃいます。更に私たちのオフィスからO-1 ビザを申請したネイル・アーティストの方は10日で許可がおりました。しかしながら、領事館の方はO-1 ビザの取得者をより精査し、規定を厳しくしている傾向にあります。追加手続きを言い渡された場合には60日待たなければなりません。この理由によりビザを考えている方は、より多くの知識そしてそのケースに時間をかけて向き合うことが出来るその道のエキスパートにビザの手配を委託することが重要なのです。

日本のイベントと会社の上質なバックグラウンドと翻訳、詳細で明確なレジュメ、エージェントケースではしっかりとした計画表、抜け目のない良く書けている推薦状と契約書-これら全てのアイテムはO-1 取得の為には最重要と言える物です。私たちのオフィスでは日本人の方々のケースは約20年の実績があり、アメリカでのビザ取得を考えている方々達をガイドし、また自信をもってアドバイスできると信じております。

コンサルテーションのご希望の方はkaori@janeorgelesq.comまでご連絡ください。

 


2017年6月29日

7月アップデート

弊社は一貫して迅速な0-1ビザの許可がバーモントサービスセンターにある米国市民権・移民業務局(USCIS)からスタンダードプロセスにて2~3週間のうちに許可が下り続けています。
弊社は政府が変わった後もネガティブな影響は受けていません。もちろん、ビザの発行に関して、様々なアメリカ領事館との間に何も問題はありませんでした。

私たちは2016年に76名のO-1 ビザを申請して、75名の方々に許可が下りました。これまで、2017年現在では拒否された方々はおらず、37名の方々に許可が下り、3名の方々が保留中となっております。

先日許可が下りた方々達には、スペイン人ビデオグラファーのAlvaro Colom様、中国人建築デザイナーのJun Deng様、ギリシャ人ヒップホップダンサーのParaskevi Karataidou様、中国人画家のKun Wang様、フランス人パティシエのJulie Myrtille(彼女のマネージャーはO-2 ビザでの申請)、韓国人バイオリン演奏者、日本人グラフィックデザイナー・アーティスト、フランス人画家、そしてとてもお若いオーストラリア人モデルなどがいらっしゃいます。

毎年、弊社はデザイナー、建築家、そしてH-1B の抽選にもれてしまった方々の、数多くのO-1 ビザケースを成功させて参りました。もしご興味がありましたら、詳細を記載して頂いたレジュメ、またはカバーレターを無料で査定致しますので弊社までメールでお問い合わせ下さい。メールアドレス:jane@getusvisa.com

J-1 ビザでの2018年度国際医療卒業者(International Medical Graduates (IMGs)の方でご興味がある政府のエージェンシーを通して、J-1ビザの免除をお探しいただいている方は、J-1 ビザ免除の十分な申請時間を確保するために、すぐに申請を始めるべきです。J-1 ビザでのIMGsがレジデンシー後、雇用される為には2段階のプロセスがございます。1.J-1 免除を申請する。2.H-1B(数量制限免除)に申請する。全てのプロセスが終了するまでに、米国務省と移民局(USCIS)のプロセスタイムによって、5~9ヶ月間掛かります。このプロセスの大要はこちらのウェブサイトからご確認できます:http://janeorgel.com/documents-for-physicians-nurses/ もし、2年間の強制帰国を避けるためにJ-1免除を探していらっしゃいましたら、多数の選択肢がございます。弊社ではどのような雇用主を探すべきか、または、または、J-1免除のスポンサーになるタイプの雇用主に精通している知識豊かな医師採用担当者に連絡することができます。

 

 
グリーンカード
アーティストグリーンカード
アーティストビザって何
よくある質問
よくある質問
ビザ取得アーティスト



Copyright ©artistvisa.com All Rights Reserved.

DISCLAIMER: This site and any information contained herein is intended for informational purposes only and should not be construed as legal advice. Seek competent legal counsel for advice on any legal matter.

Web Design By ALL VISION PRODUCTION